MENU
カテゴリー
本サイト・記事はプロモーションが含まれています。

どこが一番安い?クラウドソーシングサービス9社の手数料比較

クラウドソーシングサービスの手数料はどこが安い?

手取り収入を増やすためには、手数料が安いクラウドソーシングサービスを選択することが重要です。

この記事では、主要なクラウドソーシングサービスのシステム利用料(取引手数料)や振込手数料を比較しています。

さらに、記事の後半では手数料を抑える方法についても解説しています。

この記事を通じて、手数料が安いクラウドソーシングサービスを見つけることができるでしょう。

この記事のまとめ

この記事を書いた人 福岡の30代サラリーマン 副業歴6年 副業収入は月10万〜20万円 クラウドワークスプロクラウドワーカー総合評価4.9/5.0 受注実績650件超 フリーランス経験もあり

副業をする方、フリーランス・個人事業主の方に役立つサイト
【副業をする方】
厚生労働省「副業・兼業
厚生労働省「働き方・休み方改善ポータルサイト
厚生労働省「労働条件に関する総合情報サイト

【フリーランス・個人事業主の方】
厚生労働省「フリーランスとして業務を行う方・フリーランスの方に業務を委託する事業者の方等へ
内閣官房・厚生労働省等「フリーランスとして安心して働ける環境を整備するためのガイドライン
厚生労働省「自営型テレワークに関する総合支援サイト
厚生労働省・第二東京弁護士会フリーランス・トラブル110番

目次

クラウドソーシングサービスを利用する際の手数料

ここでは、クラウドソーシングサービスを利用する際の手数料について紹介します。

登録料

大手のクラウドソーシングサービスでは、通常、登録料は無料です。

そのため、登録時に費用がかかることはありません。

また、通常、解約料も無料です。

システム利用料(取引手数料)

システム利用料は、報酬から差し引かれる手数料のことを指します。

通常、システム利用料は取引ごとに発生しますので、「取引手数料」と捉えておくとわかりやすいでしょう。

報酬額が同じであれば、システム利用料が低いほど、手取り収入は増えることになります。

振込手数料

指定口座への報酬出金時には、振込手数料がかかります。

報酬の出金日や振込手数料は、クラウドソーシングサービスによって異なります。

毎月かかる振込手数料は、利用者にとってはできるだけ安い方が望ましいです。

クラウドソーシングサービス9社の手数料【比較表と特徴】

スクロールできます
サービス登録料システム利用料
(取引手数料)
振込手数料その他手数料
クラウドワークス
クラウドワークス
無料5〜20%100円/500円クイック出金手数料
出金額の5%
ランサーズ
ランサーズ
無料15%110円/550円
ビズシーク
ビズシーク
無料5〜10%110円/550円
クラウディア
クラウディア
無料3〜15%300円
サグーワークス
サグーワークス
無料
※報酬はポイント

※報酬はポイント
ポイント交換手数料
0〜220ポイント
Shinobi
ライティング
shinobiライティング
無料
※報酬はポイント

※報酬はポイント
ポイント交換手数料
0〜300ポイント
シュフティ
シュフティ
無料10%330円
ココナラ
ココナラ
無料20%0〜160円電話相談サービス等の手数料
ジョブハブ
ジョブハブ
無料0%0〜330円

手数料が安いサービス

ここからは、クラウドソーシングサービス9社の特徴について紹介します。

クラウドワークス

おすすめポイント
  • 案件数は約1万2,000件
  • 幅広い仕事のカテゴリー
  • 独自の福利厚生サポート

クラウドワークスは、登録者数は588.6万人、登録クライアント数は93.3万社※を誇る、国内最大級のクラウドソーシングサービスです。

Webデザイン、ライティングデータ入力文字起こしなど、幅広い仕事のカテゴリーが用意されており、案件数は約1万2,000件あります(2023年11月18日時点)。

システム利用料(取引手数料)は、5〜20%となります。

※株式会社クラウドワークス「2023年9月期通期決算説明資料」より

概要
運営会社株式会社クラウドワークス
登録料無料
システム利用料報酬額に応じて5%〜20%
・20万円超の部分:5%
・10万円超20万円以下の部分:10%
・10万円以下の部分:20%
・タスク形式:20%
振込手数料楽天銀行:100円
他行:500円
その他手数料クイック出金手数料:出金額の5%

\公式サイト/

ランサーズ

ランサーズ
出典:ランサーズ
おすすめポイント
  • 案件数は約1万7,000件
  • 幅広い仕事のカテゴリー
  • スキルの出品・販売が可能

ランサーズには、さまざまな仕事のカテゴリーがあり、案件数は約1万7,000件です(2023年11月18日時点)。

自身のスキルを希望価格で出品・販売することも可能です。

人気のあるクラウドソーシングサービスであり、多くのユーザーがランサーズとクラウドワークスを併用しています。

システム利用料(取引手数料)は、一律で15%となります。

概要
運営会社ランサーズ株式会社
登録料無料
システム利用料一律15%
振込手数料楽天銀行:110円
他行:550円
その他手数料

\公式サイト/

ビズシーク

ビズシーク
出典:ビズシーク
おすすめポイント
  • システム利用料は5〜10%
  • 幅広い仕事のカテゴリー
  • 仮払い制度の導入

ビズシークは、システム利用料(取引手数料)が5〜10%と低いのが特徴です。

さらに、ライティング、Webデザイン、アプリ開発、広告・マーケティングなど、幅広いカテゴリーが用意されています。

また、仮払い制度が導入されており、これにより未払いリスクを軽減できます。

■仮払い制度とは

仮払い制度は、クライアントとの契約成立時に、クライアントが報酬を運営サイトに預ける制度です。

クライアントによる検収が完了した段階で、運営サイトから利用者に報酬が支払われます。これにより、「納品したにもかかわらずクライアントから報酬が支払われない」といった未払いのリスクを回避することができます。

概要
運営会社株式会社ビズシーク
登録料無料
システム利用料報酬額に応じて5〜10%
・10万円超の部分:5%
・10万円以下の部分:10%
振込手数料楽天銀行:110円
他行:550円
その他手数料

\公式サイト/

クラウディア

おすすめポイント
  • システム手数料は3〜15%
  • スキルの出品・販売が可能
  • 高単価の完全非公開オファーあり

クラウディアは、システム手数料(取引手数料)が3〜15%と低いのが特徴です。

また、スキルシェアマーケットも運営しており、スキルの出品や販売が可能です。

さらに、高単価の非公開オファーを受ける可能性もあります。

概要
運営会社株式会社エムフロ
登録料無料
システム利用料報酬額に応じて3〜15%
・5万円以下の部分:15%
・5万円超10万円以下の部分:10%
・10万円超100万円以下の部分:5%
・100万円超の部分:3%
・時間制の場合:一律10%
振込手数料300円
その他手数料

\公式サイト/

サグーワークス

おすすめポイント
  • ライティング特化型
  • 報酬はポイント制
  • ライティングに役立つ情報が豊富

サグーワークスは、ライティングに特化したクラウドソーシングサービスです。

報酬はポイントで支払われ、1ポイントは1円として、現金やドットマネーに交換可能です。

アンケート回答や記事のチェック・校閲などの仕事もあります。

概要
運営会社CROCO株式会社
登録料無料
システム利用料無料(報酬はポイント)
振込手数料
その他手数料・現金への交換手数料:110〜220ポイント
・ドットマネーへの交換手数料:無料

\公式サイト/

Shinobiライティング

おすすめポイント
  • ライティング特化型
  • 報酬はポイント制
  • システム利用料は無料

Shinobiライティングは、ライティングに特化したクラウドソーシングサービスです。

報酬はポイント制で、ポイントは現金やAmazonギフト券、ドットマネーなどに交換が可能です。

解説記事、コラム、アンケート調査、説明文の執筆代行などの仕事が提供されています。

概要
運営会社株式会社ウィルゲート
登録料無料
システム利用料無料(報酬はポイント)
振込手数料
その他手数料・現金への交換手数料:0〜300ポイント
・ドットマネーへの交換手数料:無料
・ギフトコードへの交換手数料:無料

\公式サイト/

shufti(シュフティ)

シュフティ
出典:シュフティ
おすすめポイント
  • 主婦向けのクラウドソーシング
  • システム手数料は10%
  • 初心者向けの案件が豊富

シュフティは、主婦向けのクラウドソーシングサービスです。

ライティング、デザイン、翻訳など、さまざまなカテゴリーがあり、案件数は約8,400件です(2023年11月18日現在)。

システム手数料は10%で、初心者向けの案件が豊富に揃っています。

概要
運営会社株式会社うるる
登録料無料
システム利用料10%
振込手数料330円
その他手数料

\公式サイト/

ココナラ

ココナラ
出典:ココナラ
おすすめポイント
  • 幅広い仕事のカテゴリー
  • スキルや経験を出品可能
  • 案件数は約20万件

ココナラは、日本最大級のスキルマーケットです。

イラスト、漫画、悩み相談、美容、ファッション、プログラミングなど、200以上のカテゴリーが用意されています。

案件数は約20万件(2023年11月18日現在)で、国内トップクラスです。

システム利用料(販売時手数料)は、20%となります。

概要
運営会社株式会社ココナラ
登録料無料
システム利用料20%(販売時手数料)
振込手数料売上金額に応じて0〜160円
・売上金額3,000円未満の場合:160円
・売上金額3,000円以上の場合:無料
その他手数料電話相談サービス等の手数料

\公式サイト/

ジョブハブ

ジョブハブ
出典:ジョブハブ
おすすめポイント
  • 運営はパソナグループ
  • 幅広い仕事のカテゴリー
  • システム手数料は無料

ジョブハブは、パソナグループが運営するクラウドソーシングサービスです。

デザイン、プログラミング、セールス、コールセンター、データ入力など、多岐にわたるカテゴリーが提供されています。

手数料はクライアント側からのみ徴収されるため、利用者は無料で利用することができます。

概要
運営会社株式会社パソナJOB HUB
登録料無料
システム利用料無料
振込手数料・三井住友銀行:0〜220円
・他行:220〜330円
その他手数料

\公式サイト/

クラウドソーシングサービスの手数料を抑える方法

クラウドソーシングサービスの手数料を抑える方法

ここでは、クラウドソーシングサービスの手数料を抑える方法について紹介します。

手数料の安い銀行口座を選ぶ

一部のクラウドソーシングサービスでは、金融機関ごとに振込手数料が異なります。

そのため、振込先には、手数料が低い銀行口座を選択することで、手数料負担を軽減することが可能です。

例えば、クラウドワークスでは、振込先が楽天銀行の場合、振込手数料は100円ですが、他行の場合は500円になります。

手数料負担を抑えるためにも、振込手数料が安い銀行口座を選択することが重要です。

出金回数を最小限に抑える

ほとんどのクラウドソーシングサイトでは、報酬を引き出すたびに振込手数料が発生します。

そのため、手数料を抑えるためには、余分な出金回数を避けることが重要です。

「出金回数が増えれば手数料負担も増える」という事実を理解し、予算管理に注意を払い、出金回数を適切な頻度に制限しましょう。

高額な案件を受注する

クラウドソーシングサービスでは、報酬額に応じてシステム利用料(取引手数料)が変動することがあります。

基本的には、報酬が高いほど手数料が低くなる仕組みとなっており、高額な案件を受注することで手数料負担を軽減できます。

そのため、一定の成果を上げた後は、積極的に高額な案件に応募することを検討してみましょう。

クラウドソーシングサービス9社の手数料比較 まとめ

この記事では、主要なクラウドソーシングサービスのシステム利用料(取引手数料)や振込手数料を比較し、各サービスの特徴や手数料を抑える方法について解説しました。

システム利用料や振込手数料などの負担を最小限に抑えることで、手取り収入を増やすことが可能です。

この記事で紹介した情報を、ぜひ、クラウドソーシングサービスを選ぶ際の判断材料として活用してください。

また、以下の関連記事では、クラウドソーシングサービスで収益を上げるためのヒントも得ることができます。ぜひ、こちらも併せてご覧ください。

福岡の30代サラリーマン
30代、福岡在住のサラリーマンです。
副業歴は6年で、月10〜20万円以上の副業収入を得ています。
フリーランス歴もあります。

多数のクラウドソーシングサイトを利用していて、クラウドワークスでの受注実績は600件超、総合評価4.9/5.0、プロクラウドワーカーです。

このブログでは、会社員・サラリーマンや専業主婦、フリーランスの方向けに、副業・在宅ワーク、仕事に役立つ情報を発信しています。
シェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次